CDを売るときの高く売るためのポイント

私は収集癖があってCDやレコード、本を大量に所有する時期があります。
しかしそれもサイクルがあって時期を抜けると手放す事が多いです。

そこで利用するのがブックオフです。今まで買取サービスを利用して、良い気分になったり気分を害して帰って事もあります。
そんな経験談をお話ししたいと思います。

音楽CDに関しては以前、高価で買い取ってくれるものを厳選して持って行ったりもしてましたが音楽CDは今や売れない時代。販売も投げ売りして捌いてる感じもありますので高価買取を謳っていても現実は厳しいものです。

どうせ安いから売らずに残しておこう。って感じで物も余計に増える始末。

また査定する人によっても金額も変わってくる事もあって、事実は違うかもしれませんが
査定額がガラッと違う場合もありました。

先日もCD10枚ほど持ち込みました。高く買いとれなくても良いし、500円前後ならばと査定を待っていましたが、何と100円でした。あまりの衝撃で言葉も出ませんでした。

レアなもの持ち込んだわけでもないんで仕方ないのかもしれませんが、あまりの驚きで震えました 笑

それ以前は1枚のCDが10円ぐらいと思っていた査定額が数百円あったりかなり査定する人によって格差があると思いました。

逆に良い所と言いますか、良い所は雑誌を買い取ってくれるサービス。自分は音楽雑誌も貯まってきたら売りに出すように

してます。新しいものであるならば1冊50円ぐらいで買い取ってくれます。

場合によっては状態を見られて買いとれないって話しにもなってしまいますが苦笑

また小説類も新しいものは数百円と良い査定をしてくれることも多いです。

またゲーム類の買取のサービスも利用したことがあります。

ゲームソフトに関しては旬なものに関しては良い金額で買い取ってくれるので新しいけど、飽きたり、ゲームクリアしたものに関しては早めに買取してもらってました。店内に置いてある高価買取の金額が書いてあるPOPを参考にするのも良いかもしれませんよね。

高く売るときのまとめとしては以下の点を押さえておくと買取価格がアップする可能性が上がります。
・査定担当の癖を見抜く。
・高価買取の案内はチェックする。
・店舗によって金額の出し方がバラバラにも思えているので自分が納得いく査定額を出してくれる店舗に持っていく。
参考ブログ

高価買取して欲しくてもチェックが厳しく、売り物にならないからと金額にならないと言われる事もあります。
実際CD買取査定してもらっても返される事もありました。

100円で査定された前回に持っていたCDの中にはそれ以前査定で売り物にならないと返されたCDもありました。

自分が納得して手放す事ができる店舗を見つけて上手くサービスを利用する事にすれば良いんかも

しれませんね。