洋服を全部捨てたら、どうなるだろう?

私が執着しているもの。それは、洋服です。

働いていた頃の、安くて可愛いプチプラの服、

もう十分着て、もう十分元は取ったのに、まだ捨てられません。

安くて可愛いプチプラの服は、別にコレクションでもないのに、

そんなに若いカッコウをしてもしかたないのに、捨てられません。

まるごと、捨てるべきでしょうか?

悩んでいます。

一着だけ、私が気に入っているドルマンニットがあるので、それだけはおいておきます。

もう衣装ケースごと、捨てるべきでしょうか。

そしたら、部屋が綺麗になるかなあ。なんて考えたりします。

もうだいぶ、断捨離も進みました。

家は快適になっています。

でも、押し入れがパンパン状態で、どうしようもないのです。

せっかくの作り付けのクローゼットが、使わない荷物でパンパンです。

困りました。

断捨離の最終仕上げは、このクローゼットとの戦いなのだと私は考えています。

快適なクローゼットをつくりたい。冬物をしまいたい。

冬物でパンパンなクローゼットなんて、困ります。

そもそも、冬になったって、洋服なんて着ないのに。

自宅で仕事しているから、スウェットだけなのに。

でもどうして、こんなに捨てられないのでしょうか。

また貧乏な派遣社員に戻るような気がするからでしょうか。

謎です。500円で買ったカットソーも、捨てられません。

もはや値段の問題ではなく、思い出の問題なのかもしれません。

洋服が、過去への執着と未来への不安になっている。

そんな気がしています。

思い切って捨てたら、何か変わるでしょうか。

まだ使う、とまだ使える、は別だと断捨離ではいいます。

使えるものをおいておくんじゃなく、つかっているものを置くのだと・・・

そう考えると、私のクローゼットの中の品物は、使えるものですが、使っていません。

そういうのはよくないのではないでしょうか。

コツコツためた、プチプラの可愛い服にお礼を言って、手放すべきですね。

そう考えると、捨てる勇気が湧いてきました。

捨てることはとても大切だといいます。

捨てることで、私は成長できるのでしょうか。

でも、体重が減ってきて前のサイズになったら、私は何を着ればいいのでしょうか。

悩みは尽きません。

春と秋の洋服が、私を悩ませています。

でも断捨離、がんばります。