本を読むのが好き

私の趣味は読書です。1ヶ月に2冊は読むように心がけています。本はその世界に入り込むことで時間を忘れさせてくれます。私は以前に読んだことのある本でも、気に入っていれば何度も繰り返し読みます。同じ本を読むという行為は、昔から知っている友人に会いに行くような気持ちで、懐かしさと安心感を覚えます。稀に白昼夢のように、あるシーンが頭の中でフラッシュバックすることがあります。それは大抵、私が映像としてインプットしたものではなく、私自身が本から想像して造り出したビジョンです。そういったことがあると、無性にその本を読みたくなります。またそのシーンに入り込みたいという気持ちが強くなります。本を読んでいるときは、私はその世界で起こっていることを登場人物たちのすぐ近くで傍観しているような視界になります。現実には起こり得ないことも、本の中では真実です。好きなキャラクターが新しい事件を解決したと知れば、その世界をのぞいてみたくなります。私にとって本を読み始めることは、物語というプールの中に飛び込むような感覚です。同じ本を読んだことがある人とその本の話をするのはとても楽しいです。同じキャラクターの話をするのは共通の友人の話をしているのとほぼ同じだと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/readingwell98