本を読むのが好き

私の趣味は読書です。1ヶ月に2冊は読むように心がけています。本はその世界に入り込むことで時間を忘れさせてくれます。私は以前に読んだことのある本でも、気に入っていれば何度も繰り返し読みます。同じ本を読むという行為は、昔から知っている友人に会いに行くような気持ちで、懐かしさと安心感を覚えます。稀に白昼夢のように、あるシーンが頭の中でフラッシュバックすることがあります。それは大抵、私が映像としてインプットしたものではなく、私自身が本から想像して造り出したビジョンです。そういったことがあると、無性にその本を読みたくなります。またそのシーンに入り込みたいという気持ちが強くなります。本を読んでいるときは、私はその世界で起こっていることを登場人物たちのすぐ近くで傍観しているような視界になります。現実には起こり得ないことも、本の中では真実です。好きなキャラクターが新しい事件を解決したと知れば、その世界をのぞいてみたくなります。私にとって本を読み始めることは、物語というプールの中に飛び込むような感覚です。同じ本を読んだことがある人とその本の話をするのはとても楽しいです。同じキャラクターの話をするのは共通の友人の話をしているのとほぼ同じだと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/readingwell98

PMSサプリで生理前の症状をケア

生理が始まる前は体調や精神の状態に変化が現れます。
特に精神的な症状、イライラ、うつ、悲壮感などを感じる女性が多いようです。
これを月経前症候群またはPMSと言います。
多くの女性がこのPMSの症状を抱えています。
症状の大小はありますが、PMSが閉経まで毎月あると思うと憂うつですね。
PMSを改善する方法として最も有名なのがピルではないでしょうか。
ピルとは経口避妊薬ですが、実は避妊目的以外の理由で使う女性も多いのです。
しかし、ピルには副作用があります。
むくみやすくなったり、血栓リスクがあったり、吐き気を感じたります。
慣れれば大丈夫になるともいいますが、そうでない人もいます。
そこでおすすめなのがPMSサプリです。
サプリメントであれば薬と違って副作用がありません。
PMS有効成分としてはチェストツリーがおすすめです。
チェストツリーはヨーロッパなどで昔から使われているハーブです。
PMSの他、生理不順や無月経、生理痛にも効果的とされています。
とくに妊娠を望んでいる女性は、ピルが飲めないのでチェストツリーがいいかもしれません。
PMSサプリ比較 | 月経前症候群を伝統ハーブで安心対策
上記のサイトでは、ルナベリーと女性のミカタというPMSサプリが紹介されています。
ルナベリーも女性のミカタもチェストツリーが配合されています。
両方ともPMSに悩む女性から人気があります。
辛い症状に悩まされている方は一度試してみてはいかがでしょうか。
初回限定で凄くお得な金額で買えますよ。

たるみケアにおすすめの化粧品

20代前半の頃は肌の悩みなんかほとんどなく、自分が老けるということを想像もしませんでした。
まず一番最初に気になり始めたのが目の下のクマでした。
目元のたるみによる、いわゆる黒クマです。
それまではクマとは血行不良による青クマしか知りませんでした。
それもあって黒クマができてしまった時にはかなりショックが大きかったです。
なんとかして消せない物かと試行錯誤しました…
というか今も頑張っている最中です。
また、その後気になりだしたのがほうれい線です。
ほうれい線はもちろんもともとありましたが、30代を過ぎてから深く濃くなり始めました。
頬のお肉が重力に逆らえずに下がってきてしまったんですね。
あとは、おでこのシワです。
無表情の時はシワがないのですが、ちょっと表情を変えるだけで簡単におでこに何本もシワがよってしまうのです。
おでこにシワがあると醜いし、悪い顔になるので非常に悲しいです。
ここまでに挙げた、目元の黒クマ、ほうれい線、おでこのシワはいずれもたるみが原因です。
そのため、肌にハリや弾力を与えることが必要になってきます。
ハリや弾力に欠かせないのがコラーゲンであり、コラーゲンを増やしてくれる化粧品がベストです。
コラーゲンというと、アミノ酸やビタミンCですが、メーカーさんによってはコラーゲン生成を助ける独自の成分を配合している化粧品もあります。
たるみ化粧品 | 人気のコスメを徹底比較!
では、コラーゲンを生成してくれるおすすめの化粧品を紹介しています。
たるみでお悩みの方はぜひご覧になってみて下さい。
アンチエイジングケアのお役に立てれば幸いです。